マクロビオティックと玄米

一物全体という考え方があるように、白米よりは玄米、と精製せずに丸ごといただくことをすすめているマクロビオティック。
玄米は、食物繊維、ビタミンやミネラルがほぼ完全な形で含まれている優秀素材。

 

便秘の改善はもちろん、偏った体のバランスもニュートラルに戻してくれるので、体調不良の時はなおさら食べたいもの。
よくかんで食べれば、体への吸収力もよりアップ。
いいこと尽くめの玄米を、まずは取り入れて。

 

基本の3大調味料は自然素材のものを

基本的な調味料である、塩、みそ、しょうゆ。
塩は、玄米同様、精製されていない自然塩を使ってみて。
一般の食卓円と比べミネラルバランスが抜群によいのでおすすめ。

 

みそ、しょうゆなどの発酵食品も無添加のものを。
時間をかけて熟成しないとできない豊かな酵素がたっぷりで、腸の調子を整えてくれます。
また、新陳代謝もアップさせるので積極的に取り入れて。

 

食のベースである調味料を自然からの産物にこだわることで、心も潤うはず。

 

白砂糖は百害あって一利なし

白砂糖は急激に血糖値を上げるなど体への負担が大きい。
しかも、上がった血糖値をまた下げようと身体が反応することで精神的にも影響が出やすいので、できれば避けたい。

 

おすすめは玄米などの穀物を煮詰めてつくった水あめや甘酒、みりんなどの発酵食品。
体内でゆっくりおだやかなエネルギーに変わり強すぎない甘さなので心が安定し、肌にもやさしいです。
急に移行するのが難しければ、未精製のてんさい糖(根菜由来の糖分)から始めてみて。

 

 

マクロビオティックのすすめ